開業ガイド

2017.07.27開業準備

駅などの広告にかける情報には制限がある?病院を患者さんに知ってもらうには

Files. Pile of paperwork

勤務医として働くことは様々な困難な症例の患者さんを対応することができるので、経験値はものすごくたまります。しかし、朝も晩もないような激務に疲れ、悠々自適な開業医として働こうと考えている人もいると思います。

どのように患者さんに病院を知ってもらうのか?

開業する上で、そのように患者さんに新しくできた病院を知ってもらうかは非常に大切なことです。病院を開けば自然と患者さんは集まってくるわけではなく、これまでかかりつけだった他のお医者さんから新しい病院に変更するのですから、他の病院に負けないアドバンテージがあることを知ってもらわなければ、患者さんは病院を変更しようという気になりません。

 

病院を知ってもらうのに最も手っ取り早い方法は駅などに設置してある広告です。最寄り駅や周辺の駅に設置することで、近くに新しい病院ができたことを多くの人に知らせることができます。

広告には法律の規制があることを覚えておこう

しかし、広告に載せることは医療法という法律で規制されています。例えば、自分の医療技術は地域ナンバー1だとか、自分の実績などを書くことは禁止されています。

 

不用意な広告は法律違反になりますし、限られたことしか書けない中で目に止まる広告を作ることは非常に難しいです。広告は病院の顔にもなりますので、専門家と一緒に作り上げるといいでしょう。

 

例えば、優しいお医者さんや、患者さんに寄り添うなどの精神的なことは広告には表すことができませんが、来ていただくことがゴールではなく、継続して来てもらえるように広告には書いていないこともどんどん挑戦して行くことが大切です。

 

広告は病院のことを知ってもらうためには最も効果的な方法です。設置する場所によっては毎日何万人もの人が目にすることもあるので、広告の効果で病院に来ていただくこともあると思います。しかし、病院の広告には載せることが限られているため、専門家に相談して少しでも目を引く広告を作りましょう。

Pick up

クリニック開業後の経営状態も左右する、開業コンサルタントの選び方
コンサルタント特徴と、選定のポイントを紹介。依頼できるサポートは、たくさんあります。