開業ガイド

2019.04.25開業準備

クリニックを開業した医師の5大失敗例から見る解決策

クリニックを開業した医師の5大失敗例から見る解決策

クリニック開業に付きまとうのが失敗のリスク。もしも経営に失敗してしまったら、多額の負債を抱えることになってしまいます。

ここでは、実際にあった医師の体験談をもとに、クリニック開業後に起こった失敗例を5つ挙げます。

 

クリニック開業までの準備にはさまざまな課題がありますが、以下を読んで1つずつ確実に解決していけるようにしましょう。

目次
失敗例その1 開業コンセプトの設定が不十分だった
失敗例その2 構造上の動線が上手く設定できなかった
失敗例その3 不要な高額医療機器を購入してしまった
失敗例その4 スタッフの選定を誤った
失敗例その5 資金調達を甘くみていた

クリニックを開業した医師の失敗例から見る解決策

失敗例その1 開業コンセプトの設定が不十分だった

『クリニック開業を目指したものの、最初にしっかりとした開業コンセプトを確立できていなかったため、患者数が増えず、収入が伸びない。』

―クリニック開業を考えた時、まず最初にじっくりと検討すべきなのが「開業コンセプト」です。

クリニックとしての「方針・信念・理念」などは、ある程度浮かんでくるとは思いますが、さらに一歩踏み込んで、クリニックとしての「特徴」や「強み」も予め設定しておくことが必要です。

「開業コンセプト」の確率が不十分な場合、開業する地域の選択や、必要な医療機器の選定を誤ることもありますし、クリニックの構造自体に問題が起こることもあり、結果的に患者数の増加が望めなくなります。

失敗例その2 構造上の動線が上手く設定できなかった

『医療者と患者との動線を理解していない建設業者を選定してしまい、自分自身もあまり理解していないうちに見た目で判断してしまったので、結果的に動線に難がある構造になってしまい、働きにくい環境になった』

―外観の派手さや内装のキレイさに気を取られてしまい、結果的に「動線」を考慮した構造に出来なかった、という例です。

確かに、部屋の広さや壁の色などの内装も重要なのですが、医師の動き、看護師の動き、患者さんの動きを理解していないと、クリニックとしての「動線」を考えるのは難しいことです。

これに長けている設計者や建設業者は費用が高くなるかもしれませんが、自分自身も「動線」を理解し、何度も検討を重ねることが必要です。

失敗例その3 不要な高額医療機器を購入してしまった

『大学病院や病院での勤務状況を考えた結果、高額な医療機器を最初から購入してしまったが、実際にクリニックを開業したら、それらの医療機器を使用する機会がなく、結果的に高額な返済や保守料に悩んでいる』

―失敗例その1とも関係しますが、最初に考案した「開業コンセプト」が実情に沿っていなかった場合。
開業時に購入した高額な医療機器が、結果的に不要となることがあります。

 

また、病院勤務とクリニックでの診療内容の違いを、予めしっかりとシュミレーションしておかないと、こういった失敗につながることもあります。

想定される患者像や、開業する地域の実情などを良く見極めてから、開業時に購入(あるいはリース契約する)医療機器についてじっくりと検討しましょう。

失敗例その4 スタッフの選定を誤った

『開業前に働いていた病院から看護師をスカウトしたが、実際にクリニックで働いてみると、スキルが足りなかっただけではなく、病院勤務時代の賃金を要求されている』
―病院内の設備が整ったところではデキる看護師に見えていましたが、実際にはクリニックで要求されるような対人スキルや、臨機応変に対応するスキルが足りなかったという例です。
しかし看護師の側からすると、病院勤務を辞めてクリニック勤務になるわけですから、それなりの
給与を要求することはあるかと思います。
病院勤務で経験を積んだ状態の給与相場と、クリニックでの給与相場は違います。
最初にこれを理解しておかなかったために起きた失敗といえるでしょう。

失敗例その5 資金調達を甘くみていた

『自分で銀行を回って融資の交渉をしたが上手くいかず、慌てて会計事務所などの伝手を頼って交渉したが、必要な資金を集めるのに時間がかかり、結果的に開業予定がずれ込んでしまった』
―これはよくある失敗例の1つかもしれません。
勤務医という立場で働いていると、誰かに「借金をする」ことに長けていない場合が多く、銀行との交渉などに慣れてはいません。
そのため、いくつもの金融機関を回ったり、必要な書類をまとめる作業などに手間取ってしまうだけではなく、必要な資金を十分に集めることが難しいケースも見られます。

このケースでは、開業間近となって慌てて会計事務所へ駆け込みました。

しかし実際に融資が受けられたのは、事前に必要な資金(建築費用や医療機器の購入費用など)を十分に調達できず、これらの進捗が遅れてしまったために、開業予定が2カ月ほどずれ込んでしまいました。

クリニックを開業した医師の5大失敗例から見る解決策まとめクリニックを開業した医師の5大失敗例から見る解決策

クリニックの開業まで、何もかもが初めての経験であれば失敗してしまうこともあります。

【開業医必見】クリニックの開業で失敗しないためのポイント4つにも記載してありますが、開業医も経営者です。

経営を失敗させないためには、積極的に経営学を学ぶことが大切です。

以上に挙げた失敗例と対策を事前に知ることで、「失敗をしない開業」を目指しましょう。

Pick up

クリニック開業後の経営状態も左右する、開業コンサルタントの選び方
コンサルタント特徴と、選定のポイントを紹介。依頼できるサポートは、たくさんあります。